平川みちや働く人が報われる社会を。誰もが安心して暮らせる川口を。政治を変えるエンジニア 平川みちやのページです。
トップへ主な政策自己紹介facebook事務所ツイッター
トップ > 自己紹介
サイト内
自己紹介
リンク集
日本共産党川口市議団 日本共産党埼玉県議団 日本共産党中央委員会
その他
平川みちやバナー小
バナーには、これを使って下さい。
お問い合わせは、mhirakawa@cupolatown.net まで。

Valid HTML 4.01!

スナップ

生い立ち

1972年、行田市に生まれました。実家は、私の生まれた前後から自営で写植業を始めました。旧忍藩の士族の家でしたが、特に厳格ということもなく、「ちょっと貧乏くさい普通の家庭」でした。
小学生のころは、「子どもはいつも薄着でいなさい」という教師の言葉を真に受けて、冬でも半袖半ズボンで過ごす素直な子どもでした。

学生時代

県立不動岡高校に進学。高校1年の夏に民青同盟に加盟して、平和運動などに取り組みました。
浪人を経て、東京大学法学部第二類(公法コース)を卒業しました。
大学時代は学生自治会副委員長、東京都学生自治会連合書記次長などを務めました。学費の値上げ反対で国会に陳情したり、経済的困窮者と阪神被災者向けに(震災の直後でした)諸団体会費の免除制度をつくるなど、誰もが安心して学べる環境づくりに取り組みました。
1998年、川口生まれ川口育ちの妻と結婚し、川口市に住むようになりました。

システムエンジニアに

もともとは地方公務員志望でしたが、埼玉県庁に不採用となり、たまたま声を掛けていただいたソフトウェア会社で、システムエンジニアとして働き始めました。
給与を一方的に減額しようとする会社に対し、労働者代表として生活を守るために奮闘しました。単に反対するだけでなく、財務状況を報告することを条件に期限を切って減額を認めたり、少人数私募債の導入を提案するなど、経営に配慮した現実的な提案を積極的に行いました。
仕事の内容は、コンピュータが埋め込まれた業務用の機械を主に開発していました。放送局や官公庁向けの通信機器などです。
転職を2回経験。給与が減って食べられなくなった時期には日雇い派遣で工場などでアルバイトしていました。段ボールを組み立てたり、通販商品を箱詰めしたり…。

SEを辞め、政治の道へ

2014年、日本共産党埼玉南部地区委員会より、市議会議員への立候補の要請がありました。自分は技術屋の仕事がたいへん気に入っており、悩みましたが、金子信男市議会議員(当時)から直接にお話をいただき、地域の皆さんのために働くことを決意しました。2014年12月に会社を退職。
2015年4月の川口市議会議員選挙で2181票をいただき次点。
現在は、共産党埼玉南部地区の役員として働いています。

家族

妻、専門学校生と中学生の娘、義父母。

趣味

神社仏閣や城跡などを訪ねるのが好きです。

事務所(衆議院埼玉二区選対本部)
〒333-0842 川口市前川2-28-10 電話048-267-8411
http://www.jcp-saitamananbu.jp/

LINE ID : xhirakawa (ID検索はできません。)

x